青汁イメージ

コレステロール値が下がる

健康診断のときにコレステロールの値を気にする方は結構いると思います。
健康的に生きていきたいのならコレステロールの値を低くすることはとても大切です。
実はコレステロールを減らすのに青汁を飲むことはかなり効果的なのは知っていたでしょうか。

コレステロールには善玉コレステロールと悪玉コレステロールの2種類に分かれていますが、主に問題とされているのは悪玉コレステロールの方です。
善玉コレステロールには体内で生成されるコレステロールが過剰にならないように、余分なものを吸収する働きがあり、健康のためには不可欠なコレステロールです。
しかし悪玉コレステロールには善玉コレステロールのような働きがなく、しかも活性酸素によって酸化され過酸化脂質に変化します。
これが血管に付着すると血管が詰まり、血流が悪くなってしまいます。
そのため悪玉コレステロールの値が高くなると血管に付着する過酸化脂質の量が増え、その結果動脈硬化が引き起こされ心筋梗塞や脳梗塞を発症する恐れがあります。
余分なコレステロールや悪玉コレステロールが増えてしまう原因には肉中心の食事をしたり甘いものばかり食べていたりしているなどの食生活の乱れがあります。
悪玉コレステロールの値を下げるためには、バランスの良い食事をとり食物繊維やビタミンを摂取して体外に排出する必要があります。

青汁にはビタミンCやビタミンEといった悪玉コレステロールの量を減少させる効果のある成分が豊富に含まれています。
ビタミンCは美容に効果のあることで知られていますが、実はコレステロールを胆汁酸に変える働きもあるんです。
コレステロールを胆汁酸に変えることによって悪玉コレステロールが体外に排出され、それと同時に善玉コレステロールの量を増やすことができます。
またビタミンEは悪玉コレステロールが酸化してできた過酸化脂質を分解して血流を改善する働きがあり、動脈硬化や心筋梗塞の改善や予防に効果があります。

青汁は一日一杯飲むだけで十分効果があるので是非試してみてはいかがでしょうか。

Copyright(c) 2013-2016 野菜.com All Rights Reserved.