青汁イメージ

脳梗塞に青汁はNG

青汁の効果効能は多くあり、健康食品としてかなり有名ですが、実は場合によっては飲むと健康を損ねてしまう危険性があるのです。
それは脳梗塞や血栓症を患っており、「ワーファリン」という薬を服用している場合です。

そもそも脳梗塞とは、脳内の血管が詰まり、その周囲の細胞が死滅してしまう病気です。
血栓という血の塊が原因であり、それが心臓でできて脳内に運ばれたり脳内でできたりすることによって血管が詰まってしまうのです。
脳梗塞を治療するためにはこの血栓を除去する必要があります。
脳梗塞の治療薬として代表的なものが「ワーファリン」です。
ワーファリンは血液を固まりにくくする効果があり、脳梗塞の治療や予防のために服用される薬ですが、実は青汁を飲むことでワーファリンの効果が半減する可能性があります。

青汁にはビタミンKという成分が豊富に含まれています。
ビタミンKとは血液を固める働きがあり、出血をした場合であればすぐに出血をとめる効果があり有効な成分です。
しかしワーファリンを服用している際にビタミンKを摂取すると、ビタミンKの血液を固める働きがワーファリンの血液を固まりにくくする働きを殺してしまい、その結果ワーファリンの効果が充分に発揮できなくなってしまいます。
そしてビタミンKを多量に摂取すると逆に脳梗塞や血栓症を悪化させてしまう可能性もあります。
またビタミンKは腎臓病も悪化させてしまう場合もあるので注意が必要です。
脳梗塞や血栓症、また腎臓病を発病している恐れのある人や治療を受けている人は飲用しないようにしましょう。

青汁はたいていの場合、副作用がなく安心して飲むことができて、しかも病気を改善したり症状を和らげたりして健康増進を促す効果があります。
しかしワーファリンを服用している場合など、ごくわずかですが青汁が健康を損ねてしまう場合があるのです。
また上記以外の病気を患い、薬を服用している人や治療を受けている人も一応医者の確認を取ってから青汁を飲むことをお勧めします。

こちらの、青汁と生野菜の違いについての解説もご覧ください。
こちらの青汁のタイプ・使い分けのわかりやすい解説もおすすめです。

Copyright(c) 2013-2016 野菜.com All Rights Reserved.