青汁イメージ

慢性疲労にも効く青汁で疲労回復

慢性疲労は毎日仕事をしている人にとって悩みや不安の種にもなることです。
しかし青汁を飲めばそんな慢性疲労を改善できることをご存知でしょうか。

慢性疲労とは寝不足や働きすぎが原因で起こる疲労感のことであり、体が重く感じ食欲不振やなかなか起きられないといった症状があります。
慢性疲労になる原因には過剰なストレスや夜更かし、バランスの悪い食生活などの生活習慣と関係があります。
不規則な生活をしていると睡眠中にエネルギーが十分にたまらず、その結果寝ても疲れが取れなくなってしますのです。
また体内に乳酸が溜まっていることも慢性疲労の原因になります。
乳酸はストレスや疲労によってクエン酸回路が十分に働かなくなることで、ピルビン酸がエネルギーに変えられずに残ってしまったものからできるものです。
エネルギー変換することができずにいるとどんどん乳酸がたまっていって慢性疲労になってしまうのです。
慢性疲労を放っておくと生活や仕事に支障をきたす可能性があるので早めに改善することをお勧めします。
そのためには生活習慣の乱れを整えて溜まった乳酸をエネルギーに変換することが大切です。

青汁にはそんな慢性疲労に効果のある栄養素が含まれており、特にビタミン類が有効です。
ビタミンBには疲労回復効果と滋養強壮を促す効果があり、またビタミンCとビタミンEには疲れの原因になる活性酸素の増加を防ぐ効果があります。
ビタミン以外にもクエン酸やSOD酵素といった成分も慢性疲労に効果があります。
クエン酸には疲労感を感じる原因のひとつである乳酸を燃焼させる働きがあり、乳酸をエネルギーに変えてくれます。
それによって体に活力が与えられ、疲労を回復することができます。
SOD酵素は活性酸素の増加を防ぎ、その抗酸化作用によって活性酸素を除去する力があります。

毎日忙しくあまり時間をとれないといった人でも青汁を一日一杯飲むだけでも効果があるので自分に合った青汁選びをしたうえでお試しください。

Copyright(c) 2013-2016 野菜.com All Rights Reserved.