青汁イメージ

青汁はアンチエイジングの味方

老化は生きていく上では避けて通れない問題です。
健康面だけではなく美容面でもアンチエイジングをしている方が多いはず。
実は青汁を飲めばアンチエイジングができるのをご存知でしょうか。
青汁にはアンチエイジングに効果のある栄養素がたくさん含まれています。

老化の原因のひとつには細胞を酸化させる活性酸素が挙げられます。
活性酸素は年を重ねるとともに増加し、体の細胞を酸化させます。
細胞が酸化することで色んな器官の働きが低下してしまい、体の調子が悪くなってしまいます。
活性酸素は酵素で除去できますが、酵素は20代前半から生成される量が減ってしまい、活性酸素を除去しきれなくなってしまうのです。
そして年を取ると共に年々減っていくホルモンも関係があります。
ホルモンには成長ホルモンやメラトニンといった若さを維持する働きがあるものがありますが、ホルモンの分泌量は10代後半をピークにどんどん減っていき、それとともに老化が進行していきます。
老化を予防するためには食生活など日々の生活に気を付けることが大切です。
特に抗酸化作用のある食品を摂取するのがおすすめです。

青汁には明日葉やケールなど、アンチエイジングに効果のある食材http://www.corodyne.com/4.htmlを含んでいるものがあります。
青汁の新しい原材料として大麦若葉を原料にしているものはSOD酵素という成分を含んでおり、ケールを原料としているものにはメラトニンという成分とビタミンCが多く含まれています。
SOD酵素には抗酸化作用があり、活性酸素を除去し細胞の酸化を予防する効果があります。
また、メラトニンにも活性酸素の増加を抑えたり除去したりする効果がありますが、その他にも安眠効果もあるのでアンチエイジングをしたい人だけではなく寝不足気味の人にもおすすめです。

青汁を一日一杯飲むだけでも効果がありますが、1日や2日飲んだだけでは効果は出てきません。
大切なのは青汁を継続して飲むことで、さらに生活習慣を改善することでよりアンチエイジングの効果で出てきます。
青汁のおいしい飲み方を研究して毎日青汁を摂取しましょう。

こちらのサイトでも、青汁で腸内環境改善と解説しています。

Copyright(c) 2013-2016 野菜.com All Rights Reserved.