青汁イメージ

青汁でがん予防・生活習慣病予防

健康食品としてかなり有名な青汁ですが、実はガンや生活習慣病を予防する効果もあることをご存知でしょうか。
日本人にとってガンは三大死因のひとつでもっとも恐ろしい病気のひとつでもあり、生活習慣病もまた日本人にとって厄介な病気で,ガンを発症する原因のひとつでもあります。
しかし青汁を飲めばその2つを同時に予防できるかもしれません。

青汁にはビタミンA・ビタミンC・カロチン・食物繊維などが豊富に含まれており、これらの成分にはガンの予防や治療、発がん物質や有害物質を抑制する効果があります。
そのため青汁には抗ガン作用があり、飲めばガンを予防する効果があるのです。
さらに青汁の種類によっては「フダイコン」という、海藻に含まれている成分が入っているものもあります。
フダイコンには正常に働いている細胞には攻撃せずにガン細胞だけを壊す作用であるアポトーシス誘導作用があり、抗ガン剤のような働きをしてくれます。
生活習慣病は肉を中心とした食事をとり野菜を食べないといった栄養バランスの悪い食生活が原因でなる病気であり、ガンだけではなく心筋梗塞や脳卒中の原因にもなります。

そうならないためには乱れた食生活を改善し、脂肪分や糖分を抑え野菜を取り入れた食事をとることをこころがける必要があります。
しかし普通に野菜を食べていても栄養を必要な分摂取するのはなかなか難しいことです。
青汁なら1日コップ一杯分飲むだけで不足分を補うことができます。
さらに青汁には生活習慣病によって引き起こされる様々な病気を予防する効果があるカリウム・食物繊維・ポリフェノールなどが含まれています。
カリウムには体内にある余分な塩分を排出する効果があり、食物繊維とポリフェノールには血圧を下げる効果があります。
そのため青汁を飲めば生活習慣病と関係がある高血圧や糖尿病などの病気の予防や改善をすることができます。
青汁で腸内環境・美肌美人になることが可能なのです。

日々乱れた生活をしがちで生活習慣病やガンにならないか心配している方や手軽に栄養を取りたいという方は青汁を使ったメニューを試してみてはいかがでしょうか。
青汁を美味しく摂取できます。

こちらのサイトでは、離乳食に青汁を紹介していました。参考になさってみてください。

Copyright(c) 2013-2016 野菜.com All Rights Reserved.